開通までの期間を比較。契約から接続開始まで【WiMAX編】

申し込みからサービス開始までの早さについても、工事の必要な光より、機器が届けばすぐに利用可能になるWiMAXが、やはり有利だ。

WiMAXの開通まで

プロバイダによって若干の差があるが、早いところ、例えばBroad WiMAXであれば、申し込みをした後、端末が最短で即日発送され、翌日には届いて使えるようになる。どのプロバイダでも、翌日~7日後あたりには利用開始できるようだ。

料金の支払い方法によって、端末の発送日が変わる場合がある。それは、端末が発送されるのが、プロバイダ側で支払い方法確定後になるため。クレジットカードで支払いの場合なら発送日が早い。口座振替の場合などでは、手続きに時間がかかり、発送日が若干遅くなることがある。

光の開通まで

323559798_a6de546dc3_n光だと配線工事をしなければならないため、どうしても時間がかかる。期間はプロバイダによるが、OCNの場合は、公式サイトによると早くて1週間で利用可能になるとのこと。平均すると2週間前後かかる場合が多いようだ。

ただし、家の近くの設備状況によっては、それ以上に期間がかかる場合もある。例えば、光ファイバーが家の近くの電柱まで敷設されているかどうかで、期間が変わってくる。

近所の電柱を見上げて、そこについている線を確認すれば、光ファイバーが敷設されているかどうか確認することができる。何本か線があると思うが、光ファイバーの線はたいていは下の方にある。「光クロージャ」という、光ファイバーの接続部分を収納する箱がついているところがあるので、それを目印にするとわかりやすい。

特殊な例になるが、ベストコミュニケーションズの「お急ぎ便」のように、配線工事が完了するまでの間、モバイル通信端末を無料で貸してくれるところがある。ここで契約すれば、それを使って最短2日でネットが使えるようになるため、家の工事が終わるまでネットが使えなくなるのを避けたい方、たとえば引っ越し予定の方や、1日でも早くインターネットを使いたい学生や社会人の方には最適といえるだろう。


このページを見た方におすすめのWiMAXプロバイダ

BIGLOBE WiMAX 2+
信頼性の高いプロバイダ。バランスの良さが長所!
So-net モバイル WiMAX 2+
タブレットのレンタルもお得な、有名プロバイダ!
UQ WiMAX
WiMAXの本家ゆえの信頼感と安心感。

おすすめのWiMAXプロバイダをもっと見る