通信の安定性を比較。ストレスなく使えるのは?【WiMAX編】

安定性を比べれば、光の方が上となる。そちらの方が、通信が切れたり速度がばらついたりといったことが少ない。

WiMAXの安定性

無線で通信を行うWiMAXは、どうしても通信が安定しない時が出てきてしまう。無線であるがゆえに、遮蔽物やノイズに弱いという欠点があるのだ。コンクリートの建物の中や、地下にいるときなどは、電波が届かず通信速度が大幅に落ちてしまう場合も。

他にも、WiMAXルーターの近くに他の電化製品を置いたりしたら、そこから電磁波によるノイズが混入してしまい、通信の品質に影響が生じることがある。

光の安定性

それに対して光は、通信に使用されているのはもちろん光ファイバー。この光ファイバーによる通信は、とても安定した環境である。

通信が不安定ではストレスがたまるもの。その点で光は非常に安心だ。

もし光を使っていて、速度が遅かったり、安定しない場合は、機器や配線が不具合を起こしている可能性があるだろうから、そのあたりのチェックをおすすめする。

それぞれの安定性を評価

すでにほとんど書いてしまったが、結果としては、やはりWiMAXよりも光の方が有利である。

WiMAX利用者の中には、安定性を高めるためにいろいろと工夫をしている人がいるようだ。できるだけ通信環境の良い状態を確保するために、WiMAXルーターを家の窓際に設置したりしているとか。WiMAXは、機器の扱いにちょっと気を使う必要がありそう。

他にも、機器を高い位置に置いたり、衛星放送のアンテナのように金属のリフレクター(反射板)で機器を囲むことで、速度や安定性が改善したという報告もある。もしWiMAXを現在利用していて、安定性にお悩みの方は、試してみてはいかがだろうか。


このページを見た方におすすめのWiMAXプロバイダ

BIGLOBE WiMAX 2+
信頼性の高いプロバイダ。バランスの良さが長所!
@nifty WiMAX
老舗プロバイダの実績。キャンペーンが魅力!
So-net モバイル WiMAX 2+
タブレットのレンタルもお得な、有名プロバイダ!

おすすめのWiMAXプロバイダをもっと見る