月額料金を比較【WiMAX2+編】

WiMAX2+の月額料金

WiMAX2+向けの主なプランには、月間の通信量に制限が無い「Flat ツープラス ギガ放題」と、月間7GBの制限がある「Flat ツープラス」の2つがある。

※料金プランにかかわらず、混雑回避のための速度制限(3日間で3GB以上利用時)あり。通信量について詳しくは「通信の速度を比較」ページを参照

それぞれ1つずつ、「UQ WiMAX」で契約した場合の料金を説明する。

まず「Flat ツープラス ギガ放題」は、最大25ヶ月間の月額料金は4,380円。ただ契約から最大3ヶ月間は割引があり、月額3,696円で利用することができる。なお25ヶ月が過ぎた後は月額4,880円となる。

そして「Flat ツープラス」は、最大25ヶ月間の月額料金は3,696円。25ヶ月が過ぎた後は月額4,196円となる。

いずれのプランでも、従来のWiMAXのみに接続する「ノーマルモード」と、従来のWiMAXとWiMAX2+のどちらかに接続する「ハイスピードモード」を使える。

なお、これらの料金は2年契約(いわゆる2年縛り)の場合である。課金開始月を1ヶ月目として、25ヶ月目が「契約満了月」となり、その月に解約すれば契約解除料がかからない(それ以外の月に解約すると契約解除料がかかる)。解約しなかった場合は契約は自動更新され、また2年契約となる。

この他にも期間条件無しを選ぶこともできるが、そちらは月額料金が高くなる(1,000円以上)ので、どうしても期間条件をつけたくない理由が無ければ、2年契約を選んだ方が良いだろう。

au 4G LTEが使えるオプションも

「ハイスピードプラスエリアモード」が使える「LTEオプション」についても触れておこう。WiMAX2+とau 4G LTEのどちらかに接続するこのモードはオプション料金がかかる。その料金は使った月のみかかり、1,000円程度。使わなかった月は料金はかからないので安心だ。ただ、「ハイスピードプラスエリアモード」に関しては速度制限が設定されているので、そこは気をつけよう。速度制限について詳しくは「通信の速度を比較」のページで解説するので、参照して欲しい。

auスマホとセットでお得に

また別の料金節約方法として、auスマホとセットで契約することで割引になる「auスマートバリューmine」がある。これはauスマホをご利用の方向けの制度で、所定のプランを契約した後にKDDI側に申請すれば有効になる。条件を満たせる方にはうれしい制度だ。

光の月額料金

WiMAXやLTEなど高速モバイル通信との競争が激化しているためか、光の月額料金も昔より安くなっており、なかなか健闘している。

さらに光コラボレーションモデルの登場で、料金体系も割とシンプルになった。これまではプロバイダ(インターネット接続サービス)とフレッツ(光回線)で別々となっており、料金の支払いも基本的には別々だったが、光コラボレーションモデルならOCNなどの事業者がそれらを一括して提供してくれるため、料金もまとめて支払うことができる。

「OCN 光」の場合の月額費用は以下の通りだ。

  • 一戸建ての場合:5,100円
  • 集合住宅の場合:3,600円

インターネット接続サービスと光回線が1つになってこの料金である。以前は一戸建ての場合、合わせて6,000円以上するものだったから、それに比べれば結構安くなってきた。

さらに時期によっては、キャンペーンでもっと安くなることもある模様。

両者を比較。料金の安い方は?

一戸建ての場合を考えれば、WiMAX2+は光よりも一回り安い月額料金で利用できることが分かる。光の方も安くなったとはいえ、まだまだ及ばないといったところ。

一方集合住宅であれば、場合によってWiMAX2+を超える低価格となった。

しかしWiMAX2+には、光には無いメリットがある。WiMAX2+なら外出先でもネットを使うことができるが、光ではそうはいかない。スマートフォンの契約があればLTEテザリングが使えるが、光と両方契約するとなると、費用面でかなりキツくなるはずだ。


このページを見た方におすすめのWiMAXプロバイダ

BIGLOBE WiMAX 2+
信頼性の高いプロバイダ。バランスの良さが長所!
So-net モバイル WiMAX 2+
タブレットのレンタルもお得な、有名プロバイダ!
UQ WiMAX
WiMAXの本家ゆえの信頼感と安心感。

おすすめのWiMAXプロバイダをもっと見る