月額料金を比較。お得で安い方はどっち?【WiMAX編】

WiMAXの月額料金

まずプランについて述べると、WiMAXの料金プランでよくあるのは、定額プラン、2段階定額プラン、そして1日利用プランだ。

インターネットをよく使う方には、もちろん定額プラン。その料金は、3,800円前後が多いが、中には3,000円台前半という格安プロバイダも

2段階定額プランは、下限となる基本使用料は、なんと400円ほど。非常に魅力的な金額だ。ちなみに、めいっぱい使った場合の上限は5,000円ほどになる。ただし、その通信量には注意が必要で、UQ WiMAXの場合、無料分は1.1MB、そして上限となるまでの通信量は14MB。これは、Webページを何ページが見れば、すぐ達してしまう容量である。

1日利用プランは、文字通り1日(24時間)単位で利用料金を払って使うプランだ。普段は利用しないが、外出時・出張時だけ使いたいという方向けになるだろう。このプランを用意しているプロバイダは少ないが、WiMAXの本家本元、UQ WiMAXにはこのプランがあり、その料金は1回あたり600円ほどだ。

光の月額料金

光の月額料金は、光回線の料金と、プロバイダの料金の2つを支払う必要がある。少し前までは、WiMAXよりも割高だったが、最近の値下げにより、料金の差は縮まった

OCN with フレッツ光を例に挙げよう。料金はNTT東日本・西日本で違いがある。プランには、定額プランと2段階定額プランがある。

定額プランは、各種割引込みで、
一戸建ての場合、合計で5,000円~5,800円ほど。
集合住宅の場合、合計で3,500円~3,800円ほど。

2段階定額プランでは、各種割引込みで、
一戸建ての場合、合計で下限3,500円、上限6,700円ほど。
集合住宅の場合、合計で下限3,000円、上限5,500円ほど。
なお、通信量には結構余裕があり、無料分は200MB、上限に達するまでには1.2GBまでOKだ。

一戸建てよりも、集合住宅の方が一回り安くなっているのがわかる。

安さの評価、そして意外な落とし穴

定額プランの場合は、光の月額料金の方が、値下げによってWiMAXの料金と同等か、あるいはそれより少し安くなった。

いっぽう2段階定額プランの方だが、一見するとWiMAXの方が圧倒的に安く見える。しかし、金額だけでなく通信量をチェックしなければならない。上限になるまでに、UQ WiMAXはたった14MB。光は1.2GB。100倍近く差があるのだ。UQ WiMAXの2段階定額プランは、はっきり言ってだと言えるだろう。

インターネットを時々しか使わないという方は、WiMAXの定額プランの料金と、光の2段階定額プランの下限の料金が近いので、比較するならその2つにした方がよさそうだ。自分の利用状況や環境に応じて決めよう。

個人的には、定額プランの方をおすすめしたい。インターネットを使うときに、料金を気にしながら使うというのは結構ストレスになるもの。いくら使っても同じ料金である定額プランであれば、そういったストレスは発生しないからだ。

インターネットの通信サービスは、一度契約したら、長く利用される方が多いのではないかと思う。キャッシュバックキャンペーンなど初期費用の割引が、契約する時にはあるが、長期的に見れば、やはり月額料金の高い・安いの方が、重要ではないだろうか。

月額料金はプロバイダによって違うため、念入りな調査を行った方が良い。特に光の月額料金の計算は複雑なため、注意が必要だ。「○○割」という名前の割引がいくつもあるが、それぞれどういった条件で適用されるのか、なかなかわかりにくい。より正確な情報を得るため、公式サイトを参照することをおすすめする。

最後に、もし月額料金に魅力を感じなかったとしても、WiMAXにはWiMAXの、光には光のメリットがある。それらを考慮に入れて、検討するのが良いだろう。


このページを見た方におすすめのWiMAXプロバイダ

BIGLOBE WiMAX 2+
信頼性の高いプロバイダ。バランスの良さが長所!
@nifty WiMAX
老舗プロバイダの実績。キャンペーンが魅力!
So-net モバイル WiMAX 2+
タブレットのレンタルもお得な、有名プロバイダ!

おすすめのWiMAXプロバイダをもっと見る