初期費用を比較【WiMAX2+編】

できるだけ抑えたい初期費用。WiMAX2+ではどうなる? 光と比べてどうなった? それを解説していく。

WiMAX2+の初期費用

WiMAX2+を新たに使い始めるときにかかる初期費用だが、これは従来のWiMAXの時と変わっていない。かかるのは、1つ目は登録手数料。2つ目は端末代だ

登録手数料は、申し込むときにかかる手数料であり、ほとんどのプロバイダでは3,000円。キャンペーンで無料になる場合もある。

そして端末代だが、基本的には通信用のルーターをセットで購入することになるので、そのための代金となる。プロバイダとの契約と同時に購入が可能だ。

機器の定価は1万円を超える値段だが、たいていのプロバイダは割引やキャンペーンで「0円」や「1円」まで大幅値下げしてくれているから、さほど悩むことは無いだろう。ただプラン選択で条件がある場合があるため、そこはチェックしておきたい。

光の初期費用

以下、今後主流になると思われる「光コラボレーション」を契約する場合について解説していく。

光を利用開始するときにかかる初期費用としては、初期工事費用と事務手数料の2種類がある

代表的なプロバイダのサービスである「OCN光」を例に挙げると、まず初期工事費用は、NTT東日本・西日本ともにだいたい15,000円~20,000円ぐらいかかる。一戸建てと集合住宅(マンション)で若干異なり、多くの場合、一戸建ての方が高い。

そして事務手数料として、ほとんどのプロバイダでは3,000円がかかる。

WiMAXと同様、やはりキャンペーンで大幅割引される場合が多く、特に新生活シーズンなどの繁忙期であれば無料になることも。

ところで初期工事の内容だが、それは電柱から家の中まで光ファイバーを通すための工事である。家の中に回線終端装置(ONU)と呼ばれる機器を設置し、そこまでケーブルを引くことになる。機器は自分で購入ではなくレンタルするものであり、その費用もすでに初期費用あるいは月額費用に含まれているので、そこは心配することは無い。

両者を比較。その差はどれくらい?

WiMAX2+と光、それぞれの初期費用を比較すると、光の方には工事費用がある分、光よりも若干WiMAX2+の方が安い。大きな違いでは無いかも知れないが、ちょっとお得感を感じられるだろう。

料金をチェックするうえで、注意したいのが消費税。プロバイダのサイトによって、税込みで表記されていたり、税抜きで表記されていたりと、まちまちになっている。うっかりしていると、一見安いように見えたのが、実はそれが税抜き価格になっていて実際は高くついた、なんてこともありうる。注意深く確認しなければならないポイントだ。


このページを見た方におすすめのWiMAXプロバイダ

BIGLOBE WiMAX 2+
信頼性の高いプロバイダ。バランスの良さが長所!
@nifty WiMAX
老舗プロバイダの実績。キャンペーンが魅力!
So-net モバイル WiMAX 2+
タブレットのレンタルもお得な、有名プロバイダ!

おすすめのWiMAXプロバイダをもっと見る