初期費用を比較。料金が安いのはどっち?【WiMAX編】

WiMAXと光、まずはその初期費用を比較してみたい。

WiMAXの初期費用

WiMAXを開始するためにかかる初期費用としては、「登録手数料」と「機器の代金」の2つがある。

登録手数料は、契約時の手数料で、これは(キャンペーンが無い場合は)だいたい3,000円となっている。よく期間限定キャンペーンが行われており、プロバイダによっては無料、もしくは格安の価格になっていたりする。お得!

機器の代金については、WiMAX通信用の機器を新たに購入して使用する場合に必要となる。WiMAX内蔵のパソコンやタブレットをすでに利用しているのであれば、他に機器は必要ないが、そうでない場合は、WiMAX通信機器として、Wi-Fiルーターまたはデータ通信カードを買わなければならない(ちなみに、購入の方がレンタルよりも一般的なようだ)。

購入はプロバイダから、契約と同時に行えばよい。そして、この機器の価格も、昔から携帯電話でよくあるのと同じように、よくキャンペーンで大幅な値下げが行われている。「0円」や「1円」なんてところも。キャンペーンはタイミングを見計らって、逃さず利用したい。

プロバイダそれぞれで、いろんな種類のルーターが用意されている。ルーターごとの違いは、対応している無線LAN規格、バッテリーの時間や端末の同時接続数といった機能、それにデザイン。自分の気に入ったものを選ぼう。

光の初期費用

いっぽう光回線の初期費用は高く、NTT東日本でキャンペーン無しだと2万円を超えてしまう。NTT西日本でも4,500円ほど。とはいえ、こちらも多くのプロバイダではキャンペーンをやっていて、実際は無料、あるいは数千円ぐらいになるようだ。

内訳は「契約料」および「工事費用」。契約料は1,000円弱なので、初期費用のほとんどは工事費用となる。

なお、工事のあと、回線終端装置(ONU)を家の中に設置する必要があるが、これは無料レンタルされるため費用はかからない。

安さの評価

金額だけ比較すれば、どちらもプロバイダ各社のキャンペーンのおかげで安くなっており、互角といったところうか。ただ、注意すべきポイントが1つあり、それは「キャンペーン価格の条件」

割引キャンペーンには、契約期間の縛り、例えば「2年縛り」などの条件付きとなっている場合がある。その条件でも問題ない方であれば、キャンペーンの恩恵を受けることができるが、これが気になる方、例えば引っ越しの多い方などは、気をつけなければならない。

もし引っ越す場合、問題となる点として、1つめは、利用可能エリア外に引っ越す予定があるかどうかという点。これはWiMAX/光回線の双方に当てはまるポイントとなる。もしそのようなことになった場合、しかたなく途中解約して別のネット回線に変えることになるかもしれない。

2つめは、光回線を利用している場合、引っ越しの際に工事費用がかかる可能性があること。この点においては、持ち運ぶだけで良く、工事費用がかからないWiMAXが、若干有利と言えるだろう。


このページを見た方におすすめのWiMAXプロバイダ

BIGLOBE WiMAX 2+
信頼性の高いプロバイダ。バランスの良さが長所!
So-net モバイル WiMAX 2+
タブレットのレンタルもお得な、有名プロバイダ!
UQ WiMAX
WiMAXの本家ゆえの信頼感と安心感。

おすすめのWiMAXプロバイダをもっと見る